ルージュアルダン・スタッフブログ 愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング結婚式場

ウェディングケーキには一段ずつ意味があった・・・?

みなさんこんにちは!

7月になり本格的に夏が近づいて来ましたね!

本日はプール 海 バーベキューなど

夏らしい事がしたいと考えている河合がお送りします!

 

突然ですが皆さんは

ウェディングケーキの意味

を知っていますか?

結婚式では欠かせないウェディングケーキ

ケーキ入刀は結婚式で必ずと言っていいほど行われる演出です!

 

そんなウェディングケーキは昔から「幸せの象徴」と言われています

そして最近ルージュアルダンでも大人気の三段ケーキ

実は一段ずつに意味があるのです!!

 

諸説あるのですが

一番下の段は

「当日のゲストへ配る為」

二段目は

「当日来られなかったゲストへ配る為」

一番上の段は

「一年後の結婚記念日に2人で食べる為」

という意味があるそうです!

 

最近は生クリームを使用した「フレッシュケーキ」が定番ですが

ウェディングケーキが登場した18世紀頃はシュガーケーキが定番だったようで

「シュガーケーキ」は保存状態が良ければ半永久的に保存できるそうです!

なので昔は一年後の結婚記念日にも食べられたんですね!

 

「フレッシュケーキ」では一年後に食べる事はできませんが

意味や歴史を知るとウェディングケーキのデザインを考える事が

より楽しくなりますね♪

悩んだ時はぜひルージュアルダンのパティシエに相談してみてください!

想いを込めた世界に1つだけのウェディングケーキを一緒につくりましょう!



ROUGE ARDENT  河合 諄奈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。