ルージュアルダン・スタッフブログ 愛知県豊橋市のゲストハウスウエディング結婚式場

Chef‐1グランプリ

 

皆様こんにちは!

 

突然ですが!!私たちの会社には年に一度

全店のキッチンスタッフが団体と個人に分かれて競い合う

“C‐1グランプリ”という行事があります!

(Cはchefの略です)

 

今年の課題は

個人は会場見学にお越しいただいたお客様にお出しするデザート!

団体は結婚式で行うビュッフェ!

ということで団体のビュッフェのテーマは“パンビュッフェ”という事になりました!

個人の方には中野が出場したのでまた後日、

本人からブログでお話しさせて頂きます

 

このC-1グランプリではただ作る、

ただ課題をこなすのではなく

実際にお店でテーマにしたビュッフェを行う事を想像し、

こんなものを食べてもらいたい!

こんなものをやったら喜んで頂けるのではないか

という事を視野に入れながら取り組んでいきます

なので実際に実現不可能な飾り付けや盛り付けは審査の減点対象になってしまうのです

 

このような風に色々なことを考えながら課題に取り組んでいきます

各々パン作りをしていくのですが

普段作り慣れていないパンにとても苦戦しました…

パンには生地作り、一次発酵、ベンチタイム、成形、二次発酵、焼成

と大まかにこの様な工程があるのですが前の工程がうまく出来ていないと

次の工程で失敗してうまく出来ません

これは普段私たちが行っているお料理やデザート、ケーキでも言えることなのですが

勝手がわかっていない分

きちんと出来ているのかの見極めが難しく

失敗を何度もしました

ですが普段出来ないパン作りはとてもいい経験になりましたし、

失敗もしましたがとても楽しかったです

 

当日各店の団体と個人の作品を実際に見てみて

どのお店も気合をいれて取り組んでくるので

食べたいな!自店で実際にやってみたいな!

と感じる作品ばかりでした

なので毎年優勝の予想がつきません!!

その位どのお店も高いレベルのものばかりでした



この写真はルージュアルダンの団体での作品です

 

結果は残念ながら賞に選ばれることは無かったのですが

経験を積むことも出来ましたし、

取り組んでいく中で、スタッフ同士実際このビュッフェをするなら

という話し合いも出来たので得たものばかりでした

 

また会場で各店の作品をみて

自分たちでは考えつかなかった種類のビュッフェや、飾り付け、魅せ方など

考えさせられることがたくさんありました

 

折角作ったビュッフェもただ並んでいるだけでは魅力的なビュッフェとは言えません

如何に食べたいな、自分たちの結婚式でやりたいな

など、そのビュッフェにときめいてもらえるか

魅せ方は本当にとても大事だ、と感じました

 

今回のC-1グランプリで得て感じた経験を

ルージュアルダンでのビュッフェにも

どんどん活かしていきたいと思います

 

皆様も結婚式でビュッフェをやってみませんか?

ルージュアルダンではデザートビュッフェだけではなく

お茶漬けビュッフェや、披露宴前のウェルカムビュッフェなど行っています

お2人がやってみたいビュッフェのリクエストもお待ちしております

 

私は日本全国さまざまな地域から集めた味噌のお味噌汁ビュッフェや

お茶漬け、ご飯のお供ビュッフェなどやってみたいなー、と思します♪

お味噌汁は断然!!赤味噌派のキッチン上田でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です